学生時代の専攻と外国語を活かして、国内外の事業に携わる

クモノス事業部

2016年入社

海外事業で活躍

会社を見学した際、社長から会社の現在の事業やビジョンについての話を聞きました。そこで、大学の専攻であった建築の知識が活かせそうだと思ったこと、また、これから中国でもビジネスを展開していくということを知り、入社を決めました。実際、中国のお客様との通訳をしたり、北京で開催された展示会に出展したりと、他の部署と協力しながら海外事業に携わる機会がたくさんありました。

 

中国の展示会では、数百人のお客様に製品を紹介しました。

 

現場に出てこそわかること

現在はクモノス事業部に在籍しており、主に建物の外壁調査を担当しています。普段は社内でデータ解析作業を行っていますが、ときどき現場にも出ることがあります。夏の現場は大変なこともありますが、現場に出たからこそ、日々のデータ解析でも活かせることがたくさんありました。今後は、調査で使用している赤外線カメラの使い方を習得したり、お客様からの技術的なお問い合わせに対応できるようになりたいです。

 

ある日のスケジュール

09:00 出社・朝礼

9時から総務部の皆さんと朝礼に出席します。

10:00 赤外線解析

赤外線写真から外壁の劣化箇所を抽出します。

14:00 報告書作成

データをもとに外壁診断報告書を作成します。

20:00 終業

納期が近づくと遅くまで仕事をすることも。